JOURNAL STANDARD relume

News

NEWS TOP

VANS × Cloveru コラボレーションモデル発売を記念してSHO WATANABE氏にインタビューを!!

2017.12.13 / relume LADY'S & MEN'S / お知らせ

relume_ml_20171213_2_main

話題のVANS × Cloveru コラボレーションモデル!!今週の発売開始まであと少し。

SHO WATANABE氏が年少期から履き続けるVansへの愛と拘りが詰まった、このモデルに対して、横浜市にある氏のアトリエ“THE SHOWroom”にてrelumeのバイヤーである松尾氏とインタビューアーを交えて行われた対談を今回お届け致します。

relume_ml_20171213_2_01

-改めてお聞きしたいのですがrelumeさんでは、Cloveruをいつから取り扱っているのですか?

松尾:ちょうど2年前の冬に、ここ“THE SHOWroom”を訪れて、初めて商談をしました。アトリエの雰囲気と、SHOさんの拘りにやられてすぐにコラボレーション含めてオーダーを決めましたね。

-SHOさんはrelumeというセレクトショップに対してはどのように感じていますか?

SHO:都会的で洗礼されたイメージですかね。レリュームさんのとこに並ぶと、他の取扱店と違ったCloveruの見え方がありますね。ショップの方もレリュームさんのオリジナルだったり他のブランドとうまくミックスした着こなしをされていて、Cloveruの新たなブランドのイメージを創造して頂けています。

relume_ml_20171213_2_02

-今回のコラボレーション。かなりの媒体で掲載され注目度が高いですが、そもそもVansとのコラボレーションを始めることになった経緯を教えてください。

SHO:2018年にCloveruが20周年を迎えるんですよ。それでスぺシャルな企画を考えている時に、僕が若い頃から続けているスケートやサーフィン・スノーボードといったシーンにおいて、愛してやまないVansでコラボレーションが出来たら最高だという思いから、松尾さんを交えて企画がスタートしました。

松尾:ちょうど1年前でしたね。ここTHE SHOWroomで、Vansの営業担当の方を交えてキックオフミーティングしたのは。

SHO:そうですね。Vansの王道はOLD SKOOLという考えがあったので、皆さんにも賛同して頂けて、企画自体は、プレゼン含めてスムーズに進みましたね。

relume_ml_20171213_2_03

-今、ちらっとでましたが来年20周年を迎えるCloveruについて改めて教えてもらえますか?

SHO: 1998年に海外経験を経て自分が本当に着たい服を作ろうと思いブランドを立ち上げました。周りの尖った友人達が着てくれて、そこから口コミで広がり、渋谷界隈の有名店からショップのオリジナルグラフィックの依頼もくるようになり、徐々に広がっていった感じですね。ブランドを始めた頃は、カットソーも一から作る訳ではなく、無地のアメリカ製のTシャツにグラフィックを落とし込んでいました。古着も好きだから、オリジナルの古着には無い物だけど、そういった物と合わせてもかっこいい物を作ろうというアイデンティティの元に、現在は、アウター・シャツ・カットソーとトータルでラインナップしています。

relume_ml_20171213_2_04

-SHOさんの念願叶って20周年という節目の年にコラボレーションが実現しましたがそもそもVansのイメージについて教えていただけますか?

SHO: 中学生くらいから自分自身、横乗りのカルチャーと共に成長してきたので、Vansは常に自身の側にあるデイリーな物で、僕にとっては無くてはならないものでしょうか。それだけに、デザインをし始めてからは、いつかはVansのシューズのデザインをしてみたいという憧れはずっと持っていました。僕にとって、Vansといえば、やっぱり靴ですから。服や小物ももちろん好きですが。

松尾:そんな強い思い入れのあるVansとのコラボレーション。こだわったポイントは多いんじゃないの?

SHO:カラーは都会的にブラックというのは、企画当初からありました。“FUCK YOU TOO”というバイブルにしている本からインスピレーションを受けてロックなイメージを重ねて、Cloveruのブランドカラーでもあるレッドも使用して、ブラック×レッドという配色に決めていきました。

松尾:これだよね。今みてもかっこいいね。

relume_ml_20171213_2_05

SHO:あとはサーフラインをブラックのハラコに、ヒール部にブランドロゴの刺繍、ステッチを同色のブラックにしたりとありそうでないアッパーデザインに。そして、最も特徴的なアウトソールには、僕の代表作でもある星条旗のアートを配して、アメリカへのリスペクトを込めました。

松尾:星条旗のアートは、僕も大好きな作品の一つです(笑)。アメリカのブランドであるVansとの相性も抜群だよね。さすがって感じ!!

SHO:アッパーのブラックのモダンさと、アウトソールの星条旗のアーティスティックさの2面性を持った、いい着地になったと思います。

relume_ml_20171213_2_06

松尾:実際出来上がってみてどんなコーディネートに合わせてもらいたいとかあるの?

SHO:ブランドの20周年にあわせて、今着ているVANSONのライダースも製作したんですが、こういったアイテムとロックなイメージもいいですし、レリュームさんの得意とするミニマムだけど洗練されたセットアップとかとの都会的なコーディネートにも良いと思います。無理に着飾らず、さらっとあわしてもらっても洒落感、ヌケ感を演出できると思います。また、Vansなんで幅広い世代の方に取り入れてもらえると嬉しいですね。

松尾:そうだよね。今、ちらっと話にでたけど20周年記念アイテムってVansだけじゃないんだよね。レリュームとのコラボコーチジャケットやHydro Flaskとのトリプルコラボとか実は結構仕込んだんですよ!!

-このスペシャルアイテムの発売を記念してrelume表参道店でローンチイベントをやると聞いたんですが詳しく教えてもらえますか?

SHO:表参道という世界的に見ても最高のファッションの街で、自分では土くさいと思っているCloveruのイベントが初めてできるのはとても楽しみなことですね。僕とも親交のあるKEIMA KAWAIのDJとKONA BEER片手に楽しんでもらえたら最高です。僕も勿論居ますので、お客さんとの触れ合いを楽しみにしています。

松尾:15日(金)はエントランスフリーなので表参道店に皆さん遊びに来てください!!

-本日はありがとうございました。最後に記念ショットを!!

relume_ml_20171213_2_07

【イベント日時・場所】
12月15日(金)19:00~21:00 ※エントランスフリー
JOURNAL STANDARD relume 表参道店
SHOP LIST

PAGE TOP