• 2016 Spring and Summer issue
  • by JOURNAL STANDARD relume

「らしさ」をまとう、あのひとのスタイル

issue01 Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe

平日の代々木公園でゆっくりとした時間を楽しむのは、モデルやタレントとして活躍する浜島直子さんと、夫で映像ディレクターの阿部和浩さんご夫妻。結婚17年目のふたりの間に息子が生まれたのは一昨年のこと。お出かけする時は愛犬pipiちゃんも一緒だ。田舎育ちの浜島さんと阿部さんは、息子にもなるべく土を踏ませたい、自然の良さを知ってほしいという思いから、ドッグランもある代々木公園によく遊びに来る。
初めて息子を連れてきた時は、子どもの身長に合わせて中腰のまま公園内を歩き回った。その結果、病気かと思うくらいの激しい筋肉痛に見舞われたと笑う浜島さん。「落ち葉の上をおっかなビックリ歩いていた息子が、しだいに慣れて葉っぱや土で遊ぶようになる。そんな姿を見守ることが夫婦のなによりの喜びです」。

  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe

浜島さんと阿部さんが結婚当初から暮らす街が神楽坂。人情味のある雰囲気がこの街の魅力だと話す浜島さん。商店街が歩行者天国になる日曜日には家族でよくお散歩をする。その際、必ず顔見知りの店に顔を出して、息子の成長を報告している。「なんでも相談できる人が身近にいるとなにかと心強いですね」。育児に疲れた時にフラリと入ったバルの店員が愚痴を聞いてくれたなど、この街の人たちの温かさに何度も救われたそう。

  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe
  • Naoko Hamajima & Kazuhiro Abe

基本的に穏やかで仲の良いふたりだが、時にはささいなことでケンカになることもある。でも、そんな時、たとえ浜島さんが100%悪かったとしても、最初に謝るのはいつも阿部さんのほう。「男から謝ったほうがうまくまとまるんですよね」と話す阿部さん。それを聞いた浜島さんは「私が言うのも変ですけど、それが夫婦円満の秘訣です(笑)」と語り、ふたりで大笑い。夫婦ケンカはネタとして仕事仲間や友達にすぐに話すこともストレスを溜めないコツだとか。
そんなふたりが今、夢中なのはやはり息子の子育て。日々の生活がすべて息子のためにあるようなものだが、それが楽しいとは浜島さん。「息子がきゃっきゃ笑っている時が、一番の幸せです」。

item list

JOURNAL STANDARD relume の新作アイテムを、
お気に入りの私物と合わせてコーディネイトいただきました。

  • ¥46,000 (+tax) CHESTER COAT

    定番のデニムパンツに合わせたのは、春らしい色使いのボーダーカットソー。光沢感のあるコットン地のガウンコートを羽織ることで、カジュアルコーデも上品な着こなしに。スニーカーとトートバッグをキャンバス地で統一しているのもポイント。

    • JOURNAL STANDARD relume

      太ボーダーカットソー

      ¥5,500+(tax)
    • JOURNAL STANDARD relume

      ガウンコート

      ¥23,000+(tax)
      BUY
    • manipuri

      べルト柄スカーフ

      ¥8,800+(tax)
      BUY
    • WIFFLE

      ミリタリー×キャンバストート

      ¥12,000+(tax)
  • ¥46,000 (+tax) CHESTER COAT

    スニーカーとチノパンのオーソドックスなスタイルも、生地に表情のあるデニムのスタンドカバーオールを合わせることで、トレンド感のある着こなしとなる。インナーのベストはコーディネートのアクセントになるだけでなく、肌寒い春先には防寒対策にも。

    • JOURNAL STANDARD relume

      ネップデニムスタンドカバーオール

      ¥18,000+(tax)
      BUY
    • snow peak×JOURNAL STANDARD relume

      キャンプベスト

      ¥26,000+(tax)
      BUY
  • ¥46,000 (+tax) CHESTER COAT

    清潔感のある白いワイドパンツにガウンコートの組み合わせ。これによって生まれる独特のシルエットが個性を主張する。アクセントとして、バンダナ柄のスカーフを巻いたり、コンビのバッグを合わせることで、無地と無地のコーディネートが華やいだ印象に。

    • JOURNAL STANDARD relume

      ガウンコート

      ¥23,000+(tax)
      BUY
    • manipuri

      シルク バンダナ柄スカーフ大判

      ¥18,000+(tax)
      BUY
    • IACUCCI

      ボックスショルダーバッグ

      ¥30,000+(tax)
  • ¥46,000 (+tax) CHESTER COAT

    すべて無地のアイテムでまとめた、スマートな印象の大人コーデ。ジャケットは本格的なアウトドアジャケットを機能、デザインともに都会的にアレンジしたもので、防水性・防風性・透湿性に優れたペインタイルコットンのみを使用。

    • snow peak×JOURNAL STANDARD relume

      キャンプジャケット

      ¥38,000+(tax)

※その他本人私物。

next story

Motohiro Inaba & Rio Asano

Motohiro Inaba & Rio Asano

今年の春でオープン5年目の和菓子屋。人気店となった今も創業当時と変わらず、扱うお菓子は2つのみ。次回は自分たちのペースを守り続けるこの店の和菓子職人、稲葉基大さんと浅野理生さんが登場します。
公開は3月上旬の予定です。おたのしみに。

「Life is...」の更新情報は公式インスタグラム、またはメールマガジンでお知らせしています。ぜひご登録ください。

公式インスタグラム公式インスタグラム
メールマガジンに登録メールマガジンに登録