• 2016 Spring and Summer issue
  • by JOURNAL STANDARD relume

「らしさ」をまとう、あのひとのスタイル

issue08 Risa Yamai & Junya Suga

東京から車を走らせることおよそ5時間。到着したのはものづくりで知られる新潟県三条市。新緑に染まる山々に囲まれたのどかな田園地帯を抜けると、なだらかな丘の上に突如モダンな建築が姿を現わす。広大な自然を見渡す場所に建つこの横長の建物こそ、キャンプ用品の世界で数多くのヒットアイテムを世に送り続けているスノーピークの本社である。ブランドマネージャーであり、アパレルのデザインを手がける山井梨沙さんと生地の開発を担当する菅純哉さんは、ともにモード系の服作りに携わる仕事を経て4年ほど前にスノーピークに入社。同社のアパレル部門を立ち上げから牽引してきた。
ふたりのベースは東京だが、本社にもよく足を運ぶ。山井さんにいたっては、東京と新潟の割合が半々くらいの生活を送っている。本社には併設のキャンプ場があり、「実際に商品を使う環境のほうがより良いものが生まれる」と山井さんはいう。そこでお客様と一緒にキャンプをして、商品についての意見を聞く機会も多い。「自分たちが思いもしなかった意見を言ってもらって、そこから新しいアイテムが生まれることもあります」とは菅さん。例えば、焚き火で火の粉が当たっても穴のあかない難燃性のあるウェアはそのひとつ。山井さんは「ニッチな商品ですが、お客様が最も必要としていたのはこれだったんです」と話す。蚊などにさされないよう防虫成分を生地に染み込ませたインセクトシールドパーカも、お客様の意見をきっかけに開発されたヒット商品のひとつだ。

  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga

社員同士でキャンプを楽しむことも多く、それによってお互いのことをより深く理解できるという。「自然と素直になり本音も出る。都会ではわかりあえない部分もわかりあえる気がします」とは菅さん。「仕事仲間も家族のような存在になれるんです」と話すのは山井さんだ。ふたりは仕事も生活も慌ただしい都会から離れて自然と触れ合うことで、人間らしさを取り戻せると口をそろえる。その結果、ライフスタイルは自然志向、健康志向になった。山井さんは自炊が増え、調理の際は化学調味料を使わず、塩と醤油だけで味付けをしたり、コーヒー豆を自分で挽いたりするように。行動にも変化が起き、東京にいても公園やベランダで過ごす時間が増えた。「今は都会が都会すぎると思いますね。植物の成長や空の変化などを感じたり、鳥のさえずりなどを聞きながら過ごすことこそ、人間らしい生活だと感じられるようになりました」。菅さんは積極的に外に出かけるようになり、キャンプはもちろん、フェスなど野外イベントに行くことも多くなった。「何もしたくない時は朝から近場のキャンプ場に行ってテントを張って、1日中本を読んでくつろいだりしています」。考えごとがあっても緑を見ることで頭の中がリセットされる。「机やパソコンの前で煮詰まっていることがあっても、なんでこんなことで悩んでいたんだろう? って思うくらい、新しい切り口が見つかるんです」。そんなふたりはスノーピークのアパレル部門を二人三脚で立ち上げ、成長させてきた、いわば戦友だ。菅さんから見た山井さんはどんな人なのだろうか? 「つねにバイタリティにあふれ、即断即決ができる人。やると決めた時のアクションが自分の十倍くらい早い。近所の銭湯に行くくらいの感覚で海外に行ってしまいます」。

  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga
  • Risa Yamai & Junya Suga

山井さんは自分について「今この人に会わなきゃとか、今ここでこれを見なきゃと思ったら、それがどこであろうとすぐにチケットを手配してその場所に向かわずにはいられないんです」と話す。例えば、スノーピークがニューヨークに出店する時のこと。物件がなかなか決まらず、見かねた山井さんはすぐに現地へ。1日で10件ほど内見して、その日のうちに店を出す場所を決めてしまった。「モノづくりに関しても私はよく突発的に動きますが、菅はそんな私の行動や考えを読み取り、対応してくれる。彼のサポートがなければ、私はこれほど自由にはやってこられなかったのかなと思います。だから菅にはすごく感謝しています」。 逆に菅さんは選択肢を広げてじっくりと考えるタイプ。打ち合わせ中にふたりの意見がぶつかり合うことは日常茶飯事だが、最終的には山井さんが菅さんの意見も冷静に考慮した上で結論を出す。ただし、それがスノーピークの答えではないと山井さんは言う。「プロダクトとして世の中に出た時に、それが使いやすいかどうか、生活にとって必要なものかどうかは、お客様が決めることですから」。山井さんがスノーピークへの転職を決意したきっかけは、“生活に根付いたモノを生み出し、文化をつくるような仕事がしたかったから”。ブランドを愛する多くの人々に背中に押されながら、その思いは今、着実に形となり、日本人のライフスタイルを本来あるべき姿へと変えようとしている。

item list

JOURNAL STANDARD relume の新作アイテムを、
お気に入りの私物と合わせてコーディネイトいただきました。

  • ¥46,000 (+tax) CHESTER COAT

    着心地がよくリラックス感のあるオールインワンにミリタリーシャツを合わせることで、こなれ感がアップ。ベレー帽や手元のシルバーアクセなど主張のある小物が、シンプルなコーディネートのアクセントになっている。

    • snow peak

      ショートスリーブCPOシャツ

      ¥14,000+(tax)
    • JOURNAL STANDARD relume

      テンセルデニム オールインワン

      ¥13,000+(tax)
      BUY
  • Item List2

    無地のモノトーンのアイテムでクリーンにまとめたコーディネート。テーパードの効いたカーゴパンツの裾を適度にロールアップすることで全体のバランスを整えている。それによってすっきりとしたセンスの良い雰囲気に。

    • JOURNAL STANDARD relume

      オックスフォード バンドカラーシャツ

      ¥9,000+(tax)
      BUY
    • snow peak × JOURNAL STANDARD relume

      ベンタイルコットンパンツ

      ¥18,000+(tax)
  • Item List2

    アウトドアシーンでありながら、ツバの大きなハットや透け感のあるメッシュのパーカ、さらには絶妙な色味によって、洗練された雰囲気に。キャンプはもちろん、都心部で開催される野外フェスなどの際にも参考にしたいコーディネートだ。

    • snow peak

      インセクトシールドパーカ

      ¥16,000+(tax)
    • SHADES OF GREY BY MICAH COHEN

      デニムベスト

      ¥16,500+(tax)
    • WESTERLIND

      コードフェルトハット

      ¥13,000+(tax)
      BUY
  • Item List2

    ネイビーのワントーンコーデを印象的にしているのが、デザインの効いたベストとパンツ。シンプルになりがちな夏場のコーディネートも、個性的なアイテムをうまく取り入れることで、ほどよいオシャレ感を演出できる好例だ。

    • snow peak × JOURNAL STANDARD relume

      ベンタイルコットンベスト

      ¥26,000+(tax)
      BUY
    • JOURNAL STANDARD relume

      リネンプルオーバーシャツ

      ¥6,500+(tax)
      BUY
    • snow peak × JOURNAL STANDARD relume

      インディゴマーブルエフェクト ショーツ

      ¥29,000+(tax)
      BUY

※その他本人私物。

next story

Risa Yamai & Junya Suga

次回は一般公募によって選ばれたふたりが登場。彼らがまとう、その人“らしさ”とは?
公開は7月上旬の予定です。おたのしみに。

「Life is...」の更新情報は公式インスタグラム、またはメールマガジンでお知らせしています。ぜひご登録ください。

公式インスタグラム公式インスタグラム
メールマガジンに登録メールマガジンに登録

Back number

  • 稲葉基大 & 浅野理生稲葉基大 & 浅野理生
  • 柴田隆寛 & 桜太郎柴田隆寛 & 桜太郎
  • 八島巧実 & 絢八島巧実 & 絢
  • 中村優 & マテウス・バガチーニ中村優 & マテウス・バガチーニ
  • 高橋和也 & 愛高橋和也 & 愛
  • 五宝賢太郎 & 相楽陽子五宝賢太郎 & 相楽陽子
  • 山井理沙 & 菅純也山井理沙 & 菅純也
  • 錦織宗一 & 直美錦織宗一 & 直美
  • 坂本美雨 & 山口博之坂本美雨 & 山口博之
  • 中野剛 & 市東重明中野剛 & 市東重明
  • 阿久津ゆりえ & 石川瑠利子阿久津ゆりえ & 石川瑠利子
  • 山根敏史 & 春山麻美山根敏史 & 春山麻美
  • Mariya Suzuki & 山根梨絵Mariya Suzuki & 山根梨絵
  • 栗原友 & ペロ栗原友 & ペロ
  • 武宏 & 遠藤亜美武宏 & 遠藤亜美
BACK NUMBER 一覧を見る