©BAYCREW'S CO.,LTD. All rights reserved.

My Gift

with GIRL HOUYHNHNM

Photo : Riki Yamada
Styling : Kumiko Sannomaru [KiKi Inc.]
©BAYCREW'S CO.,LTD. All rights reserved.

スタイリストが選んだ
「この冬贈りたいギフト」。

ウェブマガジン『GIRL HOUYHNHNM』との連動企画。スタイリストの山王丸久美子さんに「この冬、女友達に贈りたい小物」をピックアップしてもらいました。山王丸さんのリコメンドアイテムを参考に、ぜひお店を覗いてみてください。一方『GIRL HOUYHNHNM』ではモデルが〈ジャーナル スタンダード〉の店頭で選んだ“プレゼントしてもらったうれしい”ギフトアイテムを紹介中。こちらもぜひチェックしてください。

01. Pierce

“ピアスって贈り物としておしゃれだし、価格も買いやすいものが多いですよね。このピアスのように左右でアシンメトリーになったデザインは今季っぽいし、気が利いていると思います。主張は激しくないのに存在感があるのがいいですよね。ボブやミディアムヘアに合わせて、ピアスを強調するのがおすすめ”

〈アデリンカシュー〉ピアス

¥26,000+TAX

アトリエにて1点1点ハンドメイドで作っているというパリのアクセサリーブランド。〈ジャーナル スタンダード〉ではお客様はもちろん、スタッフにもファンが多く店内での“かぶり率”が高いんだそう。シルバー素材のアシンメトリーピアスはあごのラインでゆれる大ぶりデザインがインパクト大。

02. Shoulder bag

“案外使いやすくておすすめなのが丸型のバッグ。こちらは形がしっかりしていて丸が崩れないので、全身のアクセントになってくれます、自分ではなかなか手が出ないビビッドな色や柄のものをプレゼントしてもらえるのってうれしいですよね。地味になりやすい冬のギフトにもってこいだと思います”

〈オーエーディー〉丸型バッグ

¥43,000+TAX

ここ数年〈ジャーナル スタンダード〉でも人気が高いアメリカブランド〈OAD〉。バッグ以外にも財布などの小物のバラエティが豊富でギフトに喜ばれています。パキっとしたブルーは〈ジャーナル スタンダード〉20周年の別注カラー。手持ち用に短めのストラップもついている2WAY仕様です。

03. Accesories

“ブレスレットとリングは日常使いするものだから、シンプルだけどウィットに富んだものを贈るのがセンスいいですよね。これは重ね付けするにもほかのアクセサリーを邪魔しないし、絶対に使ってもらえる優秀選手。ただプレゼントする相手がアクセはシルバー派か、ゴールド派かのリサーチはお忘れなく!”

〈ウィル ショット〉チェーン/ボールブレスレット

¥27,000+TAX

〈ウィル ショット〉4リンクブレスレット

¥36,000+TAX

〈アデリンカシュー〉リング

¥19,000+TAX

アーティスト、トラブル アンドリューとともに〈グッチ ゴースト〉を手掛けるジュエリーデザイナー・ウィル ショット。〈www.〉は自身のオリジナルブランドであり、種類の異なるチェーンを組み合わせたものや、キリストを題材にしたデザインが特徴。アップカミングなファッションブランドからのラブコールも多い。

04. Muffler

ムートンのマフラーはモードにもナチュラルなスタイルにも活用できる隠れヒットアイテム。トップスの上から垂らし、コートで挟んでもいいと思います。パンチが効いたアイテムだけど、表でも裏でも使えるし、ファーの毛並みが均一ではないからこそ、巻いたときに生まれる表情のおもしろさもあると思います”

〈ガシュロウ&コール〉ムートンマフラー

¥36,000+TAX

2003年にデビューした、最高級のファーをメインに扱うロンドンのブランド。デザイナーは幼馴染の女性デュオ。イギリスらしい、きちんとしつつもひとクセあるデザインが好評を博している。コレクションに使用するファーは副産物由来のものを使うという、エシカルな一面も。

05. Cap

“帽子はトレンド感があるフライト帽子を選びました。ミリタリーっぽくなってしまうファーのタイプではなく、ムートンのような質感のエコファー素材に惹かれました。もちろん自分用に買ってもいいけど、プレゼントしてもらえたらうれしいですよね。後頭部までぐるりと囲んだつばをぱたんと下ろせば防寒にもなるのが魅力”

〈アルバトス スワンポエル〉フェイクムートンキャップ

¥29,000+TAX

アメリカの帽子ブランド。多くのメゾンブランドがショーで使用する帽子を作っていたアルバトス・クォータスが2006年にスタート。出身は南アフリカのプレトリアというだけあって、ベーシックな帽子にひじとさじ個性を加えたデザインが人気。シンプルなコーディネートのはずしとして活躍します。

商品のお問い合わせ
ジャーナル スタンダード 表参道
03-6418-7958

ガールフイナムでは3人のモデル、クリエイターが選んだ
「この冬もらいたいギフト」を公開中。
三者三様のセレクトをお楽しみください。
今すぐCHECK

店舗へお問い合わせの際は、JOURNAL STANDARD各店まで
以下の品番をお申し付けください。