©BAYCREW'S CO.,LTD. All rights reserved.

My Teacher

with GIRL HOUYHNHNM

Photo : Akemi Kurosaka [STUH]
Styling : Erica Mimura
©BAYCREW'S CO.,LTD. All rights reserved.

#2 COLOR KNIT STYLE

誕生から今年で20周年を迎え、ますます盛り上がりを見せる〈ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)〉。全国にある店舗を盛り上げ、魅力的なスタイリングを提案するスタッフたちにさらにファッションの楽しさを知ってもらう連載を更新中。毎回テーマごとに先生をお呼びしてスタイリングや商品の魅力を掘り下げていきます。第二回目のテーマは「カラーニット」。今回も人気スタイリスト、三村絵理香さんをお迎えします。カラーニットの着こなしを教わるのは池袋店のスタッフ、今成采加さん。三村さんが提案する「カラーニットの着こなし」を表現したファッションシュートは『GIRL HOUYHNHNM』でチェックしてください。

Teacher
三村絵理香

多くの雑誌やウェブマガジンで活躍中のスタイリスト。ストリート✕モードを主軸に、カラフルな色使いやエッジを効かせたコーディネート提案を得意とする。

Staff
今成采加

ジャーナル スタンダード 池袋店のファッションアドバイザー。ジャーナル スタンダード配属になって2年。最近はグルメ情報をリサーチするのがマイブーム。

ワンパターンにならない
カラーニットの着こなしって?

―長かったノームコアブームが落ち着き、コレクションも全体的にカラフルな傾向にありますね。

三村さん:個人的には色のあるアイテムが好きなので嬉しいです。今成さんは普段、鮮やかな色のアイテムって着ます?

今成さん:私、基本的にはいつもモノトーンなんです。他に着るとしてもチノパンなどベーシックなものを選びがちで。ただ今季はお店でもカラーアイテムを推しているので挑戦したいんですよね。とくにニットが気になっています。

三村さん:プレスルームにお邪魔したときもバリエーションが豊富だなって思いました! 丈や編み方もいろいろなタイプがありますよね。パステルより原色寄りなのが多いのもいまの気分にハマるし。

自分にピッタリはまる
色や編み方を見つけて。

今成さん:カラーニットは見ていてかわいいなと思うので、挑戦したいんですけど似合う色がわからないんです。

三村さん:そういうときは本当に単純なんですけど、まずは身体に服を当てて鏡で見てみてください。できればお店の中でいちばん光が当たっているところで。それで「なんか顔色がくすむな」って思ったら違うし、明るく見えたり「しっくりくる」と感じたらその色が自分に合っているという証拠。

今成さん:(色々合わせてみて)この中だといちばん顔が明るく見えるのはブルーかな。

三村さん:そうですね。ただこれも難しいんですけど、自分で「似合う/似合わない色」のルールを決めつけすぎないほうがいいと思います。苦手色を作るとファッションの楽しさが減ってしまうので。私もずっとピンクを避けていたけど、青みピンクの服を合わせてみたら顔色もよく見えて。そういう絶妙なトーンの違いで可能性が広がるので、いろんなの色に挑戦してみてください。

今成さん:なるほど。あと体型によって編み方の「合う/合わない」ってありますよね? ハイゲージもいいけど、今季はざっくりしたリブや編み目の大きいアランニットが気になっているんです。ただ色✕大きい編み目のニットって着膨れしそうで。私は身長も164cmあるので、ドーンとした印象になってしまいそう。

三村さん:確かに編み方や色によっては太って見えることもあるので、必ず試着して自分に合っているかチェックしてください。そうですね編み目でいうと、リブニットなら縦のラインが効くので重くなりにくいですよ。

今成さん:じゃあやっぱりこの青いニットがいいかも! リブですし。

三村さん:ではブルーでコーディネートしてみましょうか。カラーニットって基本的にはベーシックアイテムと合わせればそんなに失敗しないんですよ。でもそれだけじゃワンパターンでおもしろくないから、今季おすすめしたいのがグラデーションコーデです。

今成さん:えっ、ちょっとハードルが高そうですね…(笑)。

素材で変化をつけた
グラデーションを作って。

三村さん:鮮やかな色でグラデーションを作るのって確かに難しく感じられると思うんですけど、実は着やすいんですよ。自分が似合う色って自然に選びがちなので、今成さんも青いアイテムをトーン違いでいろいろ持っているはず。

今成さん:確かに薄いブルーのデニムは持ってるし、ネイビーはクローゼットの中でも多めですね。

三村さん:そう、それを鮮やかなブルーのニットに合わせるだけ。しかも全体的に統一感が出るからニットが妙に浮かなくなるんです。

今成さん:さっきこのニットを選んだときは、いつものモノトーンに一点投入すればいいやって考えていました(笑)。

三村さん:単調にならないように、今回みたいにデニムやコーデュロイなど異素材合わせでアクセントを出したのがポイントです。足元のベロア使いでいまっぽい表情を出したり。

今成さん:個人的にはジージャンをはおることでカラーニットの面積が少なくなるのに安心感を覚えます(笑)。

三村さん:色使いに慣れてないとそうなりますよね(笑)。抵抗がある人はクロップド丈のカラーニットを選んで、シャツなどとレイヤードするのもおすすめ。

今成さん:これなら自分でも挑戦しやすいです!

三村さん:今度私服でもトライしてみてください。

POINT

  • 顔色が明るく見える色を選ぶ。
  • 素材使いでアクセント!
  • 色もの初心者ははおりものを加える。

ANOTHER RECOMMEND

いつもよりカラフルな単色ニットを豊富にラインナップ。アランニットはクロップト丈でボリュームが出すぎない絶妙なシルエットをキープできる。ハイゲージのパープルはキレイめすぎないように、ゆるめのサイズ感になっているのがポイント。

ガールフイナムでは三村さんが提案する
カラーニットスタイルを公開中。
モーガン茉愛羅ちゃんの着こなしは必見です!
ファッションシュートを公開中!今すぐCHECK

店舗へお問い合わせの際は、JOURNAL STANDARD各店まで
以下の品番をお申し付けください。